福岡で太陽光発電の設置を考えているあなたに、教える基礎の基礎

昼間の住宅街で、ネームプレートを下げて黒いバインダー(タブレット)を持って歩いている人がいますよね。
あの人達、実は太陽光発電のセールスの人なんですよ。
太陽光発電のパネルの乗ってない家を探しているのです。
「環境にやさしい」とか「余った電気は電力会社に売って、プラマイゼロ」というセリフが定番です。
なんとなく興味があるけれど、言われたとおりでいいのかしら…と悩む前に、太陽光発電の製造メーカーでコールセンターに働いていた主婦が基本的なことを教えます。

1太陽光発電のメーカーはご存知ですか

大手の製造メーカーで国内では、
 
シャープ・京セラ・パナソニック・三菱電機・ソーラーフロンティア・東芝

になります。

その次の中・小規模製造メーカーは、

ホンダソルテック・長州産業・カネカなど

になります。

その他は、海外の製造メーカーを輸入して取り扱っていることが多いです。

2メーカーを選ぶ前に
次のことをチェックしてくださいね。
①そもそも自宅の屋根にソーラーのパネルが乗るのか
 (築50年以上の瓦屋根の家ならもう一度検討していただきたいです)
?何枚乗るのか
 (4~5枚なら検討していただきたいです)
?予算
 (おおよそ200万円以内と思いますが、用意できるかどうか)

3どこのメーカーで設置しますか?
やはり国内の製造メーカーが、個人的にはおすすめです。
 値段は高くなりますが、品質・発電効率はやはり国内メーカーが安定しています。また、長期保証がついているパターンも多いです。

4販売・施工はどこがするのか?
 製造メーカーが直接販売することはありません(一部例外はありますが)。
 販売代理店(地元の工務店や電気店など)や住宅メーカー、自動車販売店でも扱っていることがあります。
 ショッピングモールに出店していたり、イベントで見かけるのは、だいたい販売代理店やFC店です。
 施工については、販売代理店内に施工部門があれば、そこで工事をするし、施工専門の工務店もあります。

5まとめ
 太陽光発電については、メーカーだけでもいろいろあるので、よく調べてから、購入・設置したほうが納得がいきます。
 飛び込み営業で、返事を急かすような場合は、だいたいその月のそのセールスの人の営業成績が絡んでいる場合がほとんどですので、そういう事情には屈せず、よく検討してください。
 大きい買い物ですので。